MOHEIMのSWING BIN

今日のこの1品。
MOHEIMのSWING BINです。

モヘイムのスウィングビン。
次回のこの1品の予告を読んだ夫から「洗面ゴミ箱ってなに?」と言われたのですが、平たく言うとふつうのゴミ箱です。
我が家ではこのスウィングビンを洗面所のゴミ箱として使っていますよと言う話でありまして、洗面所専用のゴミ箱ではございませんので、もちろんリビングで使おうがダイニングで使おうが寝室で使おうがご自由にどうぞ的なゴミ箱です。
このゴミ箱を見て欲しいと言っていたのを同僚が知っていてくれたので、引っ越しに伴い前職を辞める時に送別品でこのスウィングビンを頂きました。

Yeah!めっちゃホリディ、じゃなくてYeah!めっちゃ嬉しいです。

我が家では洗面所で手を洗った時に拭くのがペーパータオルなので、このゴミ箱に捨てるのは主にペーパータオルです。
トイレの横にあるので、生理用品なども捨てたりしますが、トイレットペーパーを個包装している包装紙を取っておいて、それに包んで捨てています。
ゴミ箱のフタがその名の通りスウィングするのが特徴で、ししおどしみたいな動きをします。
ホームページに動画が載っていましたので、よろしければご覧ください。

https://moheim.com/products/swing_bin.html

必要最低限のデザインで、ゴミを入れる時は簡単に入れたい、けど、ゴミが入っている様は隠してほしい、という必要なことは全部してくれる感じです。
多分一番簡単に捨てられるゴミ箱というのは、フタが無いただの筒みたいなデザインだと思います。
ポイっと入れて終わり。
でもそのデザインだと、ゴミが入って溜まっていっている状態が丸見えなので、なんとなくスッキリ見えない。
かと言ってキッチンみたいに生ごみなどを捨てるような場所ではないので、そこまでがっちり閉まるフタじゃなくてもいい。
足で開けるペダル式のゴミ箱などはデザインがスッキリしない、などなど考えるといかにこのモヘイムのスウィングビンが優れているかっちゅーことです。

モヘイムのホームページにはこうあります。
『「シンプルであること」だけを限界まで追求して作り出されたゴミ箱。丸太木を斜めに切り落としたようなプリミティブなフォルムが、彫刻のように静かに美しく佇みます。計算され尽くした角度と構造により、そっと置くだけで機能する蓋。すとんと垂直に描かれたフォルム。どんなインテリアにも映える存在感。SWING BINのそのすべてに、究極のミニマリズムが体現されています。』

どんなもんじゃい、って言うね。
わたしが考えたわけでもあるまいに、全身全霊で肩入れ出来ちゃう素晴らしさをもちっと世に広めてもいいんじゃねぇかな、というわけで「スゥイングビン、いいよ!」です。
わたしがスゥイングビンを推すもう一つの理由としては、カラーにグリーンがあるということですよ。
我が家は深緑をポイントカラーにしているのですが、深緑って探そうとすると意外と少ないのです。だがしかし、このスウィングビンに関してはドンピシャな色合いが定番。ああ嬉しい。
ちなみに中に透明のシートのようなものが入っていてそれにビニール袋を取り付けられるようになっています。
我が家の場合、捨てるのが紙類が多いということもあってビニール袋を掛けなくてもあまり汚れる心配が無いので、ビニール袋はせずにそのままゴミ箱に捨てていますけど特に問題なしでございます。
大きさは2種類、色は4色、新生活を始める方のプレゼントなどにもいいのではないでしょうか。

Yeah!めっちゃホリディの歌詞、「新しい自分を 応援したげたい ノリノリで恋しちゃえ!」はとてもいい歌詞だと思います、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「バレエシューズ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です