bookmark_borderガラスの欄間

今日のこの1品。
ガラスの欄間です。

2019年11月に出来た我が家。
その我が家に多用されているのがガラスの欄間でして、コレがいい仕事してくれます。

欄間とはそもそも
『天井と、鴨居または長押との間に、通風・採光のため格子や透かし彫りが取り付けてある場所』
とありますので、我が家にあるガラスははたして欄間と言っていいのかどうか分かりませんが、とりあえず欄間以外にしっくりくる呼び名が無いので欄間とさせていただきます。
通風はゼロですけどね。
通風に関してはお口チャックで口をつぐみますけど、採光という点に置いてとても良いです。
昼間は太陽光が届きますし、夜は電気の光が漏れるのでガラスの欄間が無いと暗いはずの廊下もイイ感じにぼんやりと明るくなってくれます。

わたしたちが所望したわけではなかったのですが、建築家さんがガラスの欄間を得意としていて我が家にもデザインしてもらった感じでして、これがあるのとないのとでは家の印象をだいぶ左右しそうなので、ガラスの欄間ありきの家だったなと改めて思います。

玄関の上もガラスの欄間。
玄関が木製ドアで、ドア自体では採光出来ないのですが、ガラスとのバランスが好きで、玄関が北側なのですがわりと太陽光のおこぼれで明るいので気に入っています。

欄間乱発ゾーン。
前後左右四方がガラスの欄間。
我が家の中で一番涼しい、悪く言うと一番寒い夫の書斎から撮った写真となっております。

そして、欄間とともに部屋の扉がオール引き戸で壁の中に収納されるようにしたので、扉をあけ放った時にスッキリ感があることも大事なポイントです。

最初の写真の扉を開け放つとこんな感じになります。

冷暖房を使わないときはわりと開けっぱなしなので、開放感もあっていい感じです。
扉を閉め切っていたとしても、欄間がガラスで抜けていることによってあんまり圧迫感を感じないかもです。

家づくりって難しいけど楽しいので、友達が家づくりの間取りを迷っていると言って見せてもらったりすると我がことのように楽しくなってしまい、ここをこうしたらこう良くなる、いや、こっちの案もいいなとワクワクしてしまいます。
車で走っていたりしてステキな家を見つけたりすると、ピンポンを押して建築家さんの名前とかもろもろ聞きたくなっちゃうんですが、自分の家に突然知らない人が来たら居留守を使ってしまいそうですし、
「このひと、何しに来た…?」
と訝しんでしまいそうなので、変質者にならないためにも突然のピンポンは棄権しています。

渡辺篤史さんのアシスタントになりたい、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「お茶カゴ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_borderネパールの家づくりノート

今日のこの1品。
ネパールの家づくりノートです。

ネパールのお土産でもらったノート。
手漉き和紙みたいな質感のノートなので、ボールペンとかシャープだと繊維に引っかかる感じがあるので、鉛筆類で書いています。

ネパール国旗が大胆にあしらわれたデザインで、旅行のお土産感満載なんだけど、そのお土産感がダサい方向に向かっておらず、なんか素朴で可愛いです。
表紙を開けるとペン差しも付いておりまして、ちゃんとしてる。
赤いしおり紐も可愛い。

というわけでこちらに先日ご紹介した赤青鉛筆を入れています。
あとはふつうの鉛筆とオレンジのは付箋。
ペン差しも紙で出来ておりますので破れてしまいそうな感じですが、意外と丈夫で全然問題なく使えています。
これがあるのと無いのとだとかなり使い勝手が変わってくると思うので、小さなことのようだけど大変ありがたいデザインです。

こういうノートって、どうでもいいメモ書きみたいなのに使うにはもったいないし…と思っておりましたが、使わないまま取ってあるだけだったらそれこそもったいないよナァと思い、家づくりをしていく際のアレコレを書くノートとしておろしました。

「何かを書くときは年月日の日付を書いておくといいよ。あとで見返したときにあの時こんなこと考えてたんだーと分かって面白いから」
と以前働いていたお店の店長に言われたのですが、それをすっかり忘れていたのか、初っ端に4/15という日付しか書いてなくてこの始まりが何年の出来事か分かんないじゃーん、と2022年のわたしは思っております。
家が完成したのが2019年の10月末だったので、家づくりに取り掛かり始めたのはたぶん、2017年とかかなぁ。

建築家さんを決める際の印象とか、こういう感じが希望ということなどが箇条書きにしてあって読み返すと面白いです。
結果的に取り入れたもの以外のことって結構忘れているので、そういえば茶室のような三畳程度の和室が作りたいとか言ってたな、とかノートを見て思い出しました。

もともとは家づくりと外構づくりと庭づくりをすべて含んだローンにしようと思っておりましたが、家を建てるだけでなんだかんだと予算がかかっていくので、住宅ローンに外構関係は含まずに、外構と庭づくりは家が建ったあとに2年くらいかけてだんだん作っていきました。

ノートには『外構もローンに含んだ方が良い』と書いてありまして、住宅ローンとは別にその都度外構や物置や庭づくりに現金が出て行った経験を踏まえてその一文を読み返しますと、
「マジそうっスね…」
という万感の思いでございます。

庭づくりは去年の春にやりましたが、1年経って追加するところや移植するところなど出てきたので、庭づくりのページを見返してみました。

ほうほう、勉強しておる。
庭づくりに関して図書館でいろいろと本を借りてきたりしたのですが、そのときはふむふむと思って読むもののしばらくすると書いてあった内容を忘れてたりするので、書き留めることって大事ね、と今更ながら思っております。

あと2回家を建てたい、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「つなぎ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_border造作家具のパントリー

今日のこの1品。
造作家具のパントリーです。

家を建てる際に一番欲しかった場所がパントリーと言ってもいいかもしれません。
1にパントリー2にパントリー、3,4がなくて5にパントリー。

パントリーとは、キッチンの近くにある収納のことを呼ぶようなのですが、我が家ではキッチンの隣に3畳くらいのパントリーを作りました。
食品庫として常温保存の食べ物類を置いたり、ストックルームとして日用品のストックを置いたりしています。

日用品に関しては、年に一回まとめて購入する「年買い」という方法で買い物しておりまして、1年分の日用品がパントリーにまとまっている状態にしてあります。
そこから毎月徐々にストックを使っていき、また1年後にドカッと1年分の日用品を買うというシステム。
日々の買い物が楽になったり、何かと快適なのでこれからも続ける予定です。

年買いについては『年買いのススメ』という本に詳しく書いてありますので、よろしければご覧くださいませませ。

というわけで、パントリーがあることによって他の部屋の収納があまり必要無くなるので、これから家を建てる予定の方などには声を大にしてパントリーをおススメしたい次第です。

キッチンは女の城、なんて言ったりもしますが、わたしにとってはキッチンはさておき、パントリーはわたしの城状態です。

日々アップデートを繰り返して、使いやすいように、そしてグッドデザインであるように、といろいろ手を変え品を変え変化をしておりまして、ライブ感のあるパントリーになっています。

写真を撮っているそばから、
「あ、アレをあっちに置こう」
みたいなものがまた見えてきましたので、明日にはまた様子が変わっている気がしております。
そして、あるはずの場所が変わっていて夫から
「まぁた場所変えたな!」
とお小言を言われる気がしております。

家は3回建てないと理想の家にならない、なんて言います通り、こういう風にすればよかった!という思いも顔をもたげてきておりますが、ことパントリーに関してはわたし的パーフェクトが1発目で出ちゃったんじゃなぁい?というくらいに気に入っております。
パントリー内での細かい移動は日々ありますが、おおまかなサイズ感などの使い心地がとても良くてですね。
「あたしったらグッジョブ!」という犬も食わねぇ自画自賛にお付き合いください。

2019年にわたしが考えて手帳にメモしたパントリーの棚のサイズ。
こういう棚っておそらく可動棚のほうが自分の好きに変えられるので良しとされていると思うのですが、1回棚を合わせたらもう変えることってほぼ無い、というのが今までの経験値でありましたので、一発勝負の固定棚とし、今に至ります。
固定棚だと棚を留める金具類が一切出ていないので、
「あーーーー、ここの金具が出っ張っていて置けない!」
みたいなことにならずに端から端まで同じサイズで使えるのと、スッキリして見えるのが良いところかと思います。
一番上はペーパー類を置くために広いスペースにして、下段は茶箱や大きなカゴなどを入れたりするのでそれに合わせて大き目のサイズに。
それ以外の棚は均一にしたほうが何かと入れるものを限定させずに済むので、ペットボトルが立てられるサイズで…、持っているカゴが入るサイズで…、などから考えていき行きついたサイズ。
今までは収納に自分の持ち物を合わせてきましたが、自分の持ち物に合わせて収納を作れるというのはとても楽しくとても快適な出来事でございました。

キッチンとの間に扉などがないので雑多な感じがせずにスッキリ見えるようにして、こんな仕上がりとなりましたとさ。

アイムラビニッなこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「体重計」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_border立川ブラインドのパーフェクトシルキー

今日のこの1品。
立川ブラインドのパーフェクトシルキーです。

もともと住んでいた賃貸マンションでこちらのブラインドが備え付けられていて、何かと便利だったので家を建てる際もブラインドで統一しました。
ブラインドをつけていない窓は曇りガラスタイプで、それ以外の窓は全てブラインド仕様。

光は取り入れたいけど陽射しは遮りたいという時にブラインドっちゅうもんは非常に便利ですね。
日焼けの懸念と眩しさに弱めなところもありまして、わたしは家にいる時はブラインドの向きを太陽光をシャットアウト出来つつ暗くならない角度にしているのですが、家の中でもサンサンと陽射しを浴びて日光浴したいタイプの夫は太陽光受け入れ角度で日光を浴びています。

ちなみに以前、風邪をひいて仕事を休んでいた夫は家の中で日光浴して太陽パワーをヒシヒシと感じていたところ、顔がややこんがりといい色に焼けてしてしまい、風邪を引いたというのはウソでどこかに遊びにいっていたんじゃないかという仮病疑惑が出たそうです。

ちなみに、さんまさんは風邪をひいたらミカンを食って太陽に向かって走れば治る!と豪語されているので、あのさんまさんの元気さから見ると太陽はほどほどに浴びておいた方がいい気もします。

冬はわりと部屋の中まで光が入ってくると暖房がなくてもかなり暖かいので、やっぱり太陽ってスゴイなぁという気持ちになります。
陽だまりで丸まる猫のきもちが分かり過ぎる。
その点、夏は暑すぎてトゥーマッチ感もあり、ブラインドで完全に陽射しをシャットアウトして日陰で少しでも冷たい床を探して涼みたい犬の気持ちが分かり過ぎる。

そんな時もブラインドだと、クルっと向きを変えるだけで微調整も出来るので気分や温度によって変えられてとても良いです。

あとはこのブラインドだと、一枚一枚のブレードを引き抜くことが出来るので修理のときなども都合がいいように思います。
実際、遊びに来ていた甥っ子が転びそうになって全体重をブラインドにかけてしまい、数枚のブレードが波を打って曲がってしまったことがあったのですが、その曲がってしまった数枚だけを注文することが出来たので、取り換えて元通りに直すことが出来ました。

難点といえば、埃がたまったりするので掃除をちゃんとやろうとすると面倒というところでしょうか。
通常はほこり取りなどでサラッと撫でておけばそこまで気にならないかとも思いますけど…サボるよね~。

毎日ほこり取りでブラインドを撫でるという目標を掲げたあの日のわたしよ、帰っておいで、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「バットとざる」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村


bookmark_borderPanasonicのフルカラー配線器具

今日のこの1品。
Panasonicのフルカラー配線器具です。

わたしはグッドデザインが好きでして。
グッドデザイン賞を獲ってるかどうかというのはそこまで重要視しているわけではないので、あくまで個人的な主観でわたしがグッドデザインだと思えばもうそれはグッドデザイン、という、ゆるいようでいて自分の中にはわりとハッキリ線引きされている感じの、他人から見たらただの「面倒くせぇこだわりだな、どれだって一緒だよ」のやつです。
そしてグッドデザインというのは愛され続けるという思いがありますので、おのずのロングライフデザインになっていくと思っております。
そんなロングライフデザインのスイッチがこちらDE・SU・YO!

パナソニックのフルカラー配線器具~!
というドラえもんの道具のような名前のこちらのスイッチ。
1971年から愛されているロングライフデザインのビバ50周年のスイッチでございます。
このスイッチとフルカラー配線器具用のステンレスのプレートという組み合わせが最高です。
そもそも家を建てたときの建築家さんがこのパナソニックのフルカラー配線器具が大好きだったようで、その話からこのスイッチにしようということになった流れだったように思います。

スイッチってスイッチプレートも込みでわりと個性を主張しやすい場所の様な気がしてまして、当初はトグルスイッチとかもいいかも、と思っていました。
パシフィックファニチャーサービスのパーツセンターの雰囲気とかが好きだったので、例えばこんな感じのやつとか。

https://www.pfsonline.jp/shopdetail/000000000387/ct49/page2/recommend/

ヴィンテージマンションとかについてそうなイメージのやつ。
今見ても可愛いっちゃ可愛い。
たぶんリノベーションをして住むんだったらコレもアリなのかも。
でも、おそらく終の棲家になるであろう40代で建てる新居となると、飽きが来ないということに重きを置きたかったので、スイッチに限ったことではなく、ことごとくロングライフデザインを意識したシンプルにしようという方向性になってきました。
その時の感性で良いと思ったものを付けると、その時の自分の「好き」が20年30年後も好きという確信が無いのと、なんか恥ずかしくなりそうな予感がしました。
わたしの性格が悪いせいだと思うのですが、お宅訪問するとか家を紹介する系の番組を見たりして家主のこだわりみたいなスポットがあると「あっ、ヤダっ、なんかっ、恥ずかしいっ‼」と思ってしまう悪癖があるので、己の身にもそれが起きそうな感じがしました。
もちろん、ステキだなぁと思うこだわりも多いので、何とも言えないところもありますが、スッキリしたシンプルを嫌いになることはまぁまず無いだろう、と。
とか言って60代になった自分がめっちゃ派手好きで、こんなシンプルな家恥ずかしい!となっている可能性も捨てきれないものの、その可能性は比較的低くゼロに近いだろうと40代の自分は思っています…が、そこんとこどうでしょう未来の自分! 

というわけで家を建てて約2年の今現在の自分は、家の各所にあるこのフルカラー配線器具に対して「あなたほんとに縁の下の力持ち的なグッドデザインよねぇ」と思っているので、まだ大丈夫そうです。
家じゅうのスイッチやコンセントをすべてこれに出来たら良かったんでしょうけど、部屋によっては調光スイッチの場所などもあり、そこは同じくパナソニックのLED調光スイッチにしています。

フルカラー配線器具でも調光スイッチがあるようなのですが、LEDに使えるものがおそらく無いっぽい。
このパナソニックの調光スイッチも本来は白いスイッチプレートしかないようなのですが、ほかのフルカラー配線器具のスイッチプレートと統一性を持たせるためにシルバーっぽいアルミ?のプレートをどこかで見つけてくれたみたいです。

ちなみにフルカラー配線器具はパナソニックの中で全く推されていない感じがまた応援したくなります。
ほかのイチオシのスイッチは、こんな部屋にお似合いです的な、こんな空間を演出できます的な画像がついていたりするのですが、フルカラー配線器具に関しては商品説明が1行のみという力の抜きようです。
まぁ、ロングライフデザインなので今さら言わずもがなでしょう?という感じもありますが、建築家さんも「あまりに扱いが小さいのでいつか無くなってしまうのではないか」と心配していました。

諸行無常の世の中ですが、変わらない良さもあるんです、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「ジーンズ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_borderRinnaiの乾太くん

今日のこの1品。
Rinnaiの乾太くんです。

乾太くん、最高過ぎかよって言う。
一度付き合ったらもう別れられない心地よさです。

そもそも、乾太くんを推薦してきたのは我が夫。
除菌にうるさいタイプの夫が、乾太くんの除菌能力やら外に干さないことによって花粉が付かないというメリットを買って、新居に是非にとおススメしてきました。
この、乾太くんを買うかどうか、から物干し抗争が勃発しておりまして…、と言いますか、新居を建てるうえで心配性の夫と楽観的なわたしの考えの差が、物干しの一件を機に露わになってきた感じで、さてどうしたもんか、となりました。

とりあえず付けておきたいという考えの夫VS必要な物以外いらないわたし。
まず整理しますと、乾太くんの主な能力は「洗濯物を乾かす」ということ。
わたしとしては「洗濯物を乾かす」という能力で言うと、家の設計をしている時点で乾太くん以外にすでに3つの方法があったので、もう要らない、と乾太くんに反対しました。
3つの方法というのは
ひとつ、ベランダの物干し
ふたつ、洗濯機についている乾燥機能
みっつ、浴室暖房乾燥。
今まで賃貸マンションに暮らしていた時もこの3つで洗濯物を干していました。
晴れた時はベランダの物干し、雨の時は洗濯機についている乾燥機能、ベランダに干したものが乾ききらなかった場合に浴室暖房乾燥、といった感じの使い分けをしていて、それで特に不便は感じていなかったので、それ以外には必要ないという持論。
乾太くんを取り入れることに反対というよりは、仮に乾太くんを取り入れた場合「洗濯物を乾かす」という能力のものが4つあるというのがトゥーマッチだという訴えでございます。
賃貸マンションのときのベランダ物干しと浴室暖房乾燥はデフォルトでついていたものだったので使っていましたが、自分で建てる家となれば付けないという選択肢もあるわけです。
なので、乾太くんを取り入れるとした場合、乾太くん一台あればいままでの3つの方法を網羅できるじゃん、ということで
①ベランダ物干し無し(ベランダ部分が無くなることでコスト削減)
②浴室暖房乾燥なしで浴室換気のみ(浴室換気のみの方が低コスト)
③ベランダ物干しも浴室乾燥もどちらも無し(ダブルでコスト削減)
のどれかにするべき!と訴えたところ、冬にお風呂に入る時にヒートショックになるから浴室乾燥は必要、ベランダ物干しもシーツとか大物を干すときとか乾太くんが故障したときに使えるから必要、という反論が来ました。どちらかが引かないと話が進まないので、わたしとしては納得できないままに洗濯物を乾かす能力を持つ第4の男、乾太が登場することになりました。

そんないきさつで我が家にやってきて洗濯機の上に定位置を設定された乾太氏。

「やーい、おまえんち、おっばけやーしきー!」
という悪態をつくわけでもなく、雨の日に傘を差しだしてくれて、自転車を三角乗りしてメイを探しに行ってくれるカンタくらい頼れます。
やっぱりね、乾太がいれば4人力!
乾太くんを取り付けてからというものの、ベランダ物干しも洗濯機の乾燥機能も浴室乾燥も一切使っておりません。
たまに乾太くんで縮んでしまう衣類もあるので、そのへんの一か八かのデメリットはあるものの、たいがいのものは大丈夫。なので、絶対に縮ませたくないものはオープンクローゼットに吊るして室内干し状態にしています。

乾太くんホント便利だわぁ~、と言うと夫が
「ほうらね、やっぱ俺の言う通り乾太くん付けて良かったでしょう?」
としたり顔でマウント取ってくるので
「うっせぇな、乾太くん自体に反対していたわけじゃねぇわ!」
とすぐマウントポジションをひっくり返すことに注力しています。
わたしたち夫婦の痴話げんかはどうでも良いとして、乾太くんは干す手間も取り込む手間もなく本当に素晴らしく便利なので検討しているかたがいらしたらぜひおすすめしたいです。

我が家にある乾太くんはどうやら、全面扉にフィルターがあってお掃除らくらくの「はやい乾太くん」というデラックスタイプのようなのですが、スタンダードタイプの方が確実にグッドデザインです。

https://rinnai.jp/lp/kanta/

話のいきさつ上、乾太くんに対してウェルカムになれていなかったわたしはろくに商品を見比べていなかったことをやや後悔しておりますよ。
スタンダードタイプのほうが我が家の洗濯機ともデザインの相性が良いんですけど、と今更ながらワナワナしています。

そんなことは露知らず、今日もひたすら我が家の洗濯ものを全力で乾かしてくれている乾太、ありがとう、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「かつお節入れ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村