bookmark_border100均の捺印マット

今日のこの1品。
100均の捺印マットです。

地味な存在ながら、あるのとないのとでは結構違いが出るタイプ。
人間関係にも居そうな存在、それがこの捺印マット。

ハンコを押す機会がありますと、カッタイ机の上ですとキレイに押せませんやん?
そんで、適当に雑誌とかメモ用紙とか持ってきて、カチカチの机の上で押すよりええやろ!みたいな状態で押しますやん?
関東平野生まれ関東平野育ちのくせにエセ関西弁とか使うやつって腹立ちますやん?
でもなんだろね、関西弁のほうがフィットするときがあるじゃん?

そんなわけで、ハンコを押す時のモタモタみたいなやつを防ぐために購入した100均の捺印マット、これがあるとハンコを押す所作がスッと出来てとてもストレスフリーでございます。

なんだかわたしには生活を静穏に過ごしたい願望が強いのか、実家感のあるやりとりとかをなるべく解消したくなるタイプなんですよね。

「ほら、ハンコ!ちょっと持ってきて!」
『自分で使うんだから自分で取りに行きなよ、まったく!』
「ここじゃガタガタで押せねぇがな!新聞、新聞!」
みたいなやつ。
ああいうやりとりをなるべく避けて通りたいので、捺印マットがあればすぐピタッと解決ですし、尚且つハンコと一緒にしまっておけば
「マットどこやったんだよ!」
『知らないよ!自分がこないだ使ったんでしょうが!』
みたいなやりとりを経ずともオッケー。

ちなみに義両親はほぼ毎日こういったやりとりをしているのですが、それが元気の秘訣なんでしょうかね。
自分の親はこういったやりとりをあんまりしていなかったので、二世帯住宅で義両親と住み始めて最初にこういったテンションのやり取りが聞こえてきた時は
「え?めっちゃケンカしてるけど、止めに入った方がいいのかな…」
とマジで心配してドキドキしてしまったのですが、ほぼ毎日のやりとりなのでだいぶ慣れてきました。
先日はキュウリ苗が枯れていることをお互いのせいにしようとしてケンカが勃発しており、やべぇやべぇとさっさと逃げて犬の散歩に歩きだした我々なのでした。
「見たか、お互いに罪の擦り付け合いをした結果がアレだ」
と夫が呟いていて、そういった部分は反面教師にした方がいいのかもしれません。

そうは言っても、急沸騰、急冷タイプの義両親なので、恒例の口喧嘩をした後は2人横に並んでおんなじテレビを見ながら笑ってご飯を食べて居たりして、
「なんでやねん」
と思いますが、この後腐れが無い感じがいいのかもしれませんね。
ケンカするほど仲が良いを地で行っている感じです。

わたしは生活をよりよくするために工夫するのが好きなので、こういった地味だけどいい仕事するものを買うとか、ゴミ袋を購入した時に全部出して折っておく、とかそういう後の効率に繋がるようなチビチビした仕事が好きなのですが、自分にとっての効率の良さに慣れてしまうと弊害もあるような気がします。

ごはんを食べに行ったときなどに、店員さんが非効率な動きをしていたりすると、気になってしゃーない、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「クーラーボックス」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村



bookmark_border100均のマグネットフック

今日のこの1品。
100均のマグネットフックです。

100均でたまたま見かけて買ったこちらのマグネットフックが、グッドデザインでたいそうお気に入りであるのですが、最近見かけないのよね。
ダイソーとかキャンドゥとかセリアとか、100均にもいろいろなお店があるので、場所によってはあるのかもしれんかも。

ポニー化成工業という会社が作っているので『Pony』と入っているようなのですが、このフォントも可愛くて目立ちすぎずポイントになってイイと思います。
ステンレスのような気がしていましたが、素材は鉄だそうで、てことは錆びたりもするのかしらと思いましたが購入後10年くらい経っているものの、とりたてて劣化したようなこともなく、非常に良い感じです。
プラスチックが醸し出す生活感とか安っぽさのようなものも無いですし、個人的にはグッドデザイン賞あげたい製品。
これが100円ってどうなっちゃってんの?原価とか大丈夫?と心配するようなものが100均にはありますが、これもその類のような気がしています。

以前の住まいの時から各所で活躍してもらっていまして、これぁいいや、と買い足そうと思ったら丸いバージョンが無くなっていて代わりに買った四角いバージョンのものも持っています。
今は洗濯機の脇にくっつけて、ネットを吊るすのに使ったり、物置で工具を吊るすのに使ったりとご活躍中。

こういう小物って、デザインにこだわらなくても間に合わせでいくらでも買えちゃうので、ひとつひとつ買い足していくとごちゃごちゃに見えやすいところなのかな、という気がしています。

その昔、わたしが汚部屋の住人だった時代は、小物ひとつとっても統一性みたいなのが無かったので、なんだかモノが多くてごちゃごちゃしていて視覚的にうるさい感じでしたが、断捨離を知り、まずモノが減るとスッキリしてきまして。
そのスッキリ感が味わえたことでその後がだいぶ楽になった感じがあります。

断捨離はわたし発信で夫を道連れにしたので、当初は『捨てたい妻vs捨てたくない夫』の構図が出来上がっていて結構バチバチと火花を散らしていたこともございました。

断捨離本によると、『断捨離生活をしているとだんだん配偶者も断捨離に興味を示すようになってきますので、長い目でやりましょう』みたいなことが書いてあり、即効性のある虎の巻は書いていないので
「あの断捨離アレルギーの捨てられない人種が、断捨離に興味を持つはずがねぇ」
とばかりに、絶対にNGとされている『相手のものを勝手に捨てる』みたいな劇薬を使ったりしましたが、それをやってまうとより強固な捨てられない人種が出来上がるのでわたしとしましても絶対にNG かと思います。
というか、人のものを勝手に捨てるって人として普通にNGっちゅう話です。

結局、小さな暮らしやすさを積み重ねていく感じで、長い目でだんだんモノが少ないほうが快適と思う派に派閥替えしていってくれたので、時間が必要であることに変わりはないですね。

いわゆる物の住所が決まっていなかった汚部屋時代は探し物に時間がかかっていましたが、「あれどこにある?」と聞かれた時に即座に「ハイッ」と手渡せることで、片付いていると楽だなぁという気持ちを少しでも持ってもらう、みたいなことの積み重ねというイメージでしょうか。
サマリーポケットという荷物預かりサービスで荷物を預かってもらい、部屋がスッキリした状態を味わってもらうということも効果がありましたね。

最近はわが弟が「捨てたい夫vs捨てられない妻」というフェーズに入っているらしく、わたしの汚部屋時代を知る弟が「どうやって姉はモノを捨てるようになったんですか?」と夫にこっそり聞いておりました。

姉は断捨離に出会い雷に打たれたようにモノを捨て始めました、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「ディズニーランドグッズ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_border100円ショップの玄関ほうき

今日のこの1品。
100円ショップの玄関ほうきです。

100円ショップで購入したとはいえ、こちらは100円にあらず
「こちらの商品は300円です」
のタグが付いているものだったと記憶しています。

たとえ300円だったとしたって、それでも物のわりにずいぶんと安いような気もしまして、いい買い物だったような気がします。

もともと賃貸マンションで部屋の中を掃除するようのほうきとして使っていましたが、その後以前ご紹介した「はきはき美人」というもっと大きなほうきを、ふるさと納税の返礼品でいただいたので、こちらは玄関掃除用に格下げされました。

部屋を掃除するには小さいサイズだったので、腰を屈める動きになってしまい
「腰がイテぇなぁ」
と思いながら掃除していましたが、玄関掃除くらいだったらこのサイズでサッサッサーと掃いて終わり!なので腰が痛くなる隙もなさそうです。

置き場は下駄箱の扉の裏側。
引っかけられるように粘着式のフックをかけてそこに引っかけています。
玄関に溜まるのは砂埃のような汚れなので、ちりとりは使わずに適当に外へ掃きだして土の上に落として終わり、のやつ。

賃貸マンションに住んでいるころはそんなに汚れが気になりませんでしたが、田舎の一軒家だと雨の日にそのまま濡れた靴で入ったり、油断すると蜘蛛が入ってきたりして、知らないうちに三和土に蜘蛛の巣を作っていたりするので、油断も隙もありゃしません。

一度、夫のニューバランスの中にヤモリが居たこともありましたので、ほんとに田舎と言うのは多種多様の生物とともに生きないといけないのね、と思いました。
分かっています、人間が勝手に生き物たちの住んでいる場所に家を建てただけの話であって、こちらが訪問者であり、我が物顔で生き物を排除してはいけないということを。
でもわたしの靴のなかにヤモリ、に関してはマジでご勘弁願いたいです。
というわけで玄関掃除をサボるとヤモリが来るぞ!という脅しをかけられているような気もしますので、玄関掃除に精を出していきたい所存です。
でも冬はヤモリいねぇし、さみぃし、と最近玄関掃除をサボり気味ですので、気を引き締める必要がございますね。

ちなみに春になるとモグラがあちこち動き回ったであろう土の盛り上がりがいろいろなところにあり、モグラがのたくった道を見つけると楽しいです。

冬の間はモグラの道をあまり見かけないので、冬眠しているものだと思っていましたが、実は冬は地面から20~30㎝くらいのいつもより深いところで活動しているだけで、冬眠はしていない模様です。

その後、また春になってくると「暖かくなってきたからもう少し上に行こうっと」とばかりに地面から10㎝くらいのところにトンネルを掘って移動するようです。
その際にトンネル掘りのために要らなくなった土が地面にこんもりと盛られるようで、それをモグラ塚というそうな。

モグラ塚はちょこちょこ見かけるので、うっかり地上に出てきてしまったモグラが「ヤバいっ!」とばかりに土を掘って隠れるという漫画的展開のモグラ専用出入口なのかと思っていましたが、トンネルを掘るために余った土が下から押し出されただけで、出入口ではないようです。
いつかモグラを見かけたいわぁと思っていましたが、基本モグラは地上に出てこないらしいので、出入口も無く、見かけることは難しいかもしれませんね。

山里さんとYOUさんがモグラに扮したNHKのねほりんぱほりんがとっても好きです、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「お土産カタログ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村