bookmark_borderTHE MONSTER SPECのキャンプ用財布

今日のこの1品。
THE MONSTER SPECのキャンプ用財布です。

軽い、軽すぎる。
こちら、小さくて軽すぎる財布となっております。

キャンプに行くときに、モンベルのサコッシュを背負っているのですが、貴重品も入っているこのサコッシュをなるべく肌身離さず持っていようと思うのですが、中身が重いと背負っているのが面倒になってきて、テントの設営時などに
「一旦、ここに置こう」
とか思って外すと、あれ?どこにやった?みたいになってヒヤッとするので、なるべく入れるものを軽くしたいところから夫がこんなんありまっせ、と買ってきました。
我らの好きなTHE SHOPというお店がキッテの中に入っているのですが、そこで見つけてきた模様です。

言うてもいつも使っている財布もかなり小さいので長財布とかに比べたらただでさえ軽いと思うのですが、身軽でいたい質なので、より軽い方へ軽い方へとフラフラと流れていった結果、来るところまで来た、という感じです。

なんてったって5gしかないんだから。
1円玉5枚分の重さしか無いんだから。
とは言ってもよ?
ほんとに5gなのぉ?と思って計ってみましたらまさかの4gだったという。
たまたまだったのかもしれませんが、軽さについてはホントお墨付きという感じです。
そして、大きさはカードがギリギリ入るくらいの大きさなので、これ以上小さくしようがない感じのサイズです。
お札はもちろん三つ折りですね。
キャンプに行くときはこれにクレジットカードと免許証とETCカードを入れてお札を入れて…という感じです。
ファスナーが付いただけのシンプルなデザインの財布、というよりは小さいポーチ?みたいな感じなので仕切りなんかは一切無いですし、無駄なもんが無い。
というわけなので、お札を出すとかカードを取り出すとか小銭を取るとかそういう取り出しやすさという点においては二の次な感じはありますが、小ささと軽さが群を抜いているので素晴らしいです。

むしろ、これがサコッシュの中に入っていても重さを感じないので、あれ?財布どこにやった?となるくらいには軽いです。
なので、モンベルのサコッシュの中のポケッタブルになる用のポケット内に財布を入れています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4275cb46a1d32e26dbb84d5b673b397e-1024x1024.jpeg

全部黒なので、何が何だかよく分からないですが、サコッシュの内側に財布が入っている状態。
このサコッシュは一番小さいサイズなので、ポケットの上から財布が飛び出していますが、それでもわりとすんなりサコッシュのファスナーも開け閉め出来ますし、財布の定位置的な感じになっています。
もう一回り大きいサコッシュも持っていてそちらの方が財布を収納するにはサイズが合いそうです。

この財布以外にもザモンスタースペックというシリーズで展開しているようで、ダウンジャケットとかパーカーとか、はたまた自転車なんかもあるという。

全部黒で統一されていて無駄なデザインが省かれている感じなので、ミニマリストな男子ウケが良さそうな雰囲気があります。
宅の主人はミニマリストというわけではありませんが、同じくザモンスタースペックシリーズの超軽量のポケッタブルパーカも購入してますんで、そのうち機会があればご紹介したいと思います。

というわけで、この超軽量超小型の財布の登場により、サコッシュを背負いっぱなしにしていても重たい感じがしなくて、うっかりどこかに置いてしまう問題も改善されて、キャンプ生活のQOLがだんだん上がってきてイイ感じです。

キャンプグッズに買い終わるという概念ないかもしれない問題、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「妖怪本」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_borderSHIMANOのクーラーボックス

今日のこの1品。
SHIMANOのクーラーボックスです。

シマノさん的な名前としましては、ICE BOXらしいです。
アイスボックスというと、氷菓であるアイスボックスが連想されてしまう世代なので、分かりやすくクーラーボックスにしました。

ハードタイプのクーラーボックスって今までの人生でおそらく使ったことが無いのですが、なんとなくクーラーボックスと言えば釣り、釣りと言えばシマノ、というイメージがあります。
氷がガシャガシャ入っているクーラーボックスに釣った魚を入れて背負って肩掛けして持って帰るイメージ。
釣りなんてしたことないけど、シマノのクーラーボックスはなんだか浮ついてない感じで硬派だし絶対に高性能のハズ、という期待がありました。

ただシマノのクーラーボックスって白いイメージだったので、ちょっとキャンプグッズの中で白って浮くかなぁという思いもあったのですが、このキャンプブームのご時世に合わせてキャンプに浮かないカラーリングのクーラーボックスであるICE BOXが出ておりましたよ。

https://lifestyle.shimano.com/

だいたいキャンプ用品ってカーキ、ベージュ、黒というのが三大カラーだと思うのですが、ほぼその三大カラーを網羅したシリーズのクーラーボックスが出ていました。
もともと何でこのクーラーボックスを知ったのか忘れてしまったのですが、このクーラーボックスに決めたひとつとしてYouTubeの影響があり寄りのありです。

わたしたちはキャンプを始めるにあたっていくつかYouTubeを見ていたのですが、そのなかにヒロさんという方のチャンネルがありまして。
わたしたちは勝手に「ひろ兄」と呼ばせていただいているくらいには動画を見させてもらっている単なる視聴者なのですが、わりとお持ちのものが好みで、洗練されていていい感じなんですよね。

その中の動画で買ってよかったキャンプ道具7選というのがありまして、そこでこのシマノのクーラーボックスを推してらっしゃいまして、ひろ兄もイイって言ってるし、クーラーボックスはシマノ一択でしょう、というわけでこちらのクーラーボックスにしました。
チョロい客です。

フタがどちら側からも開けられて、フタ自体をガバッと取ることも可能。
わたしたちはカーキ系とベージュ系の色味のキャンプグッズが多いのですが、クーラーボックスはベージュにしました。
シマノのこのアイスボックスというネーミングのクーラーボックスはそもそもスペックによって色を変えているのですが、一番性能が良いラインのカーキのクーラーボックスで言うと氷が溶けるのに10日間もかかるというではありませんか。
※条件により保冷力は異なります、ではあるものの、氷が溶けるのに10日間もかかるってすごくね?もはや移動冷凍庫じゃん。
わたしたちのベージュで言うと4,5日間は氷が残るということのようなのですが、とりあえず一泊二日のキャンプにしか行っていないし、充分ですね、というジャッジのもと色とスペックのバランスからベージュにしました。
カーキも捨てがたいんですけどもね、何せお値段が倍以上違いますしね、ひろ兄はチャコールだったんですけれどもね、チャコールは我が家のグッズの色味とちょいと異なりますのでね、結果オーライのベージュ。

実際は物の出し入れのたびにクーラーボックスを開けるので、そうすると溶けるのも早くはなっていくのですが、夏の一泊二日のキャンプで保冷剤ふたつと500㎖の水を凍らせたものを2本入れた状態で何度も開け閉めして使った結果、家に帰って来た時に氷は溶けていたものの、いわゆる冷蔵庫程度の温度は保たれていたので、食べきらなかったウィンナーも生ぬるくなることなく持ち帰ってこれました。

椅子にもなるよ、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「トミカ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_borderNagaoのカレー皿

今日のこの1品。
Nagaoのカレー皿です。

便宜上カレー皿と呼びますけれども、乗せるものはもちろんなんだってオケ。
こんなシンプルなんですもの、いろいろなものが合うんじゃないでしょうか。
サイズも色々とありまして、8インチ、9インチ、10インチ、12インチ、14インチ16インチ、18インチ、20インチという8つのサイズがあるようでございまして、我が家にあるのは10インチサイズ。

amazonのサイトの解説によりますと、 
『8・9インチはおつまみやピンチョス、数枚のお肉に。
10インチはパスタふつう盛り。
12インチはパスタ大盛、カレーふつう盛り。
14インチはカレー大盛。
16・18・20インチは大皿や盛り付け皿として。
食卓での使用はもちろんのこと、アウトドアやキャンプ、バーベキューなどで見栄えがする。ナポリタンやカレーなどは盛り付けるとレトロ感があって〇。』
と記載されています。
というわけで我が家の10インチで行くとカレーには少々小さいでしょうか、といったところですが、わりと扱いやすいサイズで気に入っています。

食卓はもちろんのこと、アウトドアやキャンプにも、という解説の通り、キャンプで使う用の食器として購入したのですが、落としても割れないし、薄っぺらいので持ち運びもしやすくてソーグッド。

わたしの、捨てるには惜しい袋コレクションの中から、こんなスケスケが可愛い巾着がわりとちょうど良い大きさだったのでそして、こちらに入れてキャンプグッズの中に入れています。

そしてこちら、ステンレスで丈夫なお皿ということを過信して何も考えずにこのお皿の上でステーキを食べてナイフでギコギコした結果がこちら。

オーマイガッシュ。
至近距離で見るとアーティスティックなナイフキズが四方八方に引っ散らかってます。
またこれがさぁ、ふつうに切れの良いお肉だったら問題無かったんだと思うんですけれども、ひとつのステーキがまぁ強情なスジがいまして、
「全然切れねぇ」
とギコギコギコギコギコギコギコギコやった結果がコレ↑。
オーマイガッシュ。
モウ、キャンプデ、ステーキ、ヤカナイ、ゼッタイ。
と思いきや否、ここまで傷ついたらもうステーキギコギコしようが、関係ないねっという感じの諦めもついております。
まぁでも、ふつうにね、焼き肉的なサイズの肉の方がキャンプで食べやすいですね、ということに改めて気が付きました。

最近行けてないですけど、スパゲッティのパンチョというお店があって、メニューはざっくり言うとナポリタンorミートソースという2択になる感じのお店なのですが、そちらのお皿もこの手のステンレス皿で、それがまた食欲をそそる感じがあります。

キャンプでナポリタンはパスタ茹でたお湯を捨てないといけないし面倒かなと思いましたが、そのまま面とゆで汁ごとイケるレシピもあったので、次回のキャンプはナポリタン、アリですね。

パスタを忘れるべからず、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「コーヒーフィルター入れ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_borderKalitaのかんたんドリップ

今日のこの1品。
Kalitaのかんたんドリップです。

キャンプでコーヒーを飲むためのグッズをどうしようかと思いまして、出会ったのがこちら。
物をなるべく少なくしたいというところから、ドリッパーとか持って行くの大変よね、ということでいろいろと考えた結果こちらに行きつきました。

一袋に30枚入りなのですが、確か300円ちょっとだったように記憶しているので、そうすっと1枚10円なわけで、これがひとつ10円ってなかなかありがたい価格ですわね、と思います。

ちなみにわたしたちはいつもは豆を2人分の20g入れてミルで挽くのですが、これを使う際は一人分の10gずつミルで挽いた方が、かんたんドリップに入れる際に楽でした。
粉物20gを2杯に分けるって意外と難しくて、ドサッと入ってしまったりするので、一人ずつの方が無難です。

ひとり分ずつ挽くということさえ気を付ければ、UCCとかブレンディとかのドリップバッグに入ったコーヒーのような手軽さで、オリジナルのドリップコーヒーが出来上がるという寸法です。
ただ、カリタのホームページを見てみますと、アウトドアにも最適というドリップバディなるものも売っていまして、こちらもチョット気になる。

https://kalita.shop/item/1615

わたしたちのキャンプの楽しみとしましては、焚火と星空観賞とコーヒーというのが3大醍醐味でして。
コーヒーは日頃夫が生豆を焙煎しておりますので、それを屋外で飲むという楽しさがあるのですが、先日のキャンプではあろうことかコーヒー豆を忘れたのはここだけの話です。

このかんたんドリップも持ったし、コーヒーミルも持ったし、なのに豆だけ持って行ってない、ということで、途中のドラッグストアででブレンディのドリップバッグを購入して、かんたんドリップよりもさらに簡単なドリップバッグのブレンディコーヒータイムと相成りました。

ドラッグストアに寄ったのは、キャンプ用の食器洗い洗剤を買いたかったからであり、コーヒーを買うために寄ったわけではなかったのですが、コーヒーコーナーを目にした夫が
「あっっっ!コーヒー豆忘れた!」
と思い出したので、そこで思い出しただけまだよかったかもしれません。

曲がりくねった道の先にあるキャンプ場付近には何かが買えるようなお店がなんにも無いため、到着してから
「さぁて、コーヒーでも飲むか」
となってからの、豆がねぇ!はどうにもなりませんので、あの時ブレンディのコーヒーが買えただけツイてたと思うしかありませんね。

事実、わたしは焚火でする焼きマシュマロを楽しみしてたのですが、まさかのマシュマロを忘れてきており、現地に着いてから
「マシュマロが無い…」
は、なかなかショックでございました。
マシュマロを挿す棒だけ持ってきてどうするんだよッ。

出かける時の「忘れ物ない?」という問いに対して、想像力が膨らまないタイプなのですが、一通り過ごすであろうシーンを思い浮かべればコーヒーもマシュマロも忘れることは無かったことでしょう。

今後は想像力を働かせて忘れ物をしないようにするのだ、と思ったことをまた忘れそうで怖いです。

これまた事実、収穫の仕事を終えてテクテクと事務所まで帰る道すがら、同僚の子が
「あれ、わたしハサミどうしたっけ?」
と言ってご自身の持ち物の中を漁って、あぁあったあった、ということをしていたので
「無意識でやってることって忘れますよネ~」
なんて言いながら事務所に戻って、解散して家に帰ってきたら自分がハサミを無くしていました。

あそこかあそこにあると思うんだ、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「天袋」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村


bookmark_borderリス株式会社のトランクカーゴ

今日のこの1品。
リス株式会社のトランクカーゴです。

キャンプギアをいろいろと用意するにあたり、一番初めに購入したのがトランクカーゴ。
まぁ要は容れ物なんですが、100人乗っても…もとい、大人ひとりが乗ってもダイジョーブ!という耐過重100㎏の頑丈さで、椅子としても使用できます。

話は変わりますけど、椅子の耐過重=体重だと思うのですが、椅子ってそもそも足が付いた状態で使うことが多いので、まるっきり体重が乗っかっているわけではないんですかね?
耐荷重100㎏の椅子に100㎏の体重の人が座る分には問題ないですが、耐荷重100㎏の椅子の上に体重100㎏の人が立つと考えると途端に椅子が壊れそうな印象を受けるのはわたしだけでしょうか。

以前、我が家に配線ケーブル関係の方がいらしたときに、納戸の中で作業していただいていたのですが、その納戸の中に新しく購入したスツールを置いてまして。
そして、そのケーブル関係の方はよく言えば恰幅が良い、悪く言えば太ってる方でして。
そんな方がちょっと手の届かないところでする作業があったようなのですが、脚立の類を持っていらっしゃらなかったようで、ふと作業している様子を見たら、我が家の新しいスツールを踏み台にして作業していらっしゃいました。
あ、と思いました。
乗ってる、と思いました。
いやっ、ちょっ、おまっ、勝手に乗るなし!と思いました。
と思いましたけれども、たぶん地域密着型の会社のおじさんなので、なんか乗れそうなものがそこにあったから使った、くらいの悪気の無い感じだったので特にそこには触れずに
「どうですかねぇ?」
なんて作業の進捗状況なんかを聞いたりして椅子にたったままのおじさんを気にしてないフリをしておりましたが。
ただその時に、もしかしてスツール壊れるんじゃね…?と一瞬思ったんですよね。
たぶん、そのおじさんがふつうにスツールに座っただけだったらそうは思わなかったと思うのですが、立ったことにより、マックスの体重が1点にかかってよろしくなさそうなその後の展開がよぎったと言いますか。

結果的にスツールには何の問題もなかったのですが、耐荷重より少ない体重の人でもドサッと座ったり椅子の上に立ったりするのは、衝撃をかけたり荷重が偏ったりするのでよろしくないみたいです。

というわけで、リスも耐荷重100㎏とはあるものの、この上をお立ち台にしない方がよさそうですね。しねぇよ、っていう。

そんなトランクカーゴですが、アウトドア色がそこまで強くないと思いますし、サイズも3サイズあるようなので、室内でふつうに使う収納用品としても優れていると思います。
スタッキングできますしね。

https://www.risu.co.jp/products/category/daily_necessities/brand_features/trunkcargo/

とりあえずしっくりくるキャンプ椅子がまだ見つかっていなかったので、初キャンプはこちらのトランクカーゴの大小サイズでテーブルと椅子として使ってみました。
収納を兼ねられるので、荷物を減らせるという意味でもとても良きです。

フタをひっくり返してもピタッと収まるので、なんだか気持ちが良いです。
いろいろなところが専用の天板みたいなのを販売しているのでそういったものをプラスするとまた使い勝手が良さそうで、何かと使える幅が広がりますね。

キャンプギアは沼だと伺っております、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「スツール」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_borderSPORTS AUTHORITYのデカバッグ

今日のこの1品。
SPORTS AUTHORITYのデカバッグです。

その名の通り、スポーツオーソリティというスポーツ用品店で購入した大きなバッグです。
一番大きい横幅部分が88㎝とかあるので、相当大きいと思います。
小柄な女性もしくはエスパー伊藤さんだったら運べるんじゃないか、というビッグなサイズ感。

実は、これと言って無趣味のわたしたち夫婦でございますが、この度キャンプに手を出し始めまして。

いやぁ、キャンプってのは、マジで沼ですね。
多種多様なキャンプギアがいくらでもあるわけで、揃え始めたらキリがない状態ですね。
たぶん、最初は最低限のモノから始めた方がいい気がしますが、最低限も人によって感じ方が違うわけで、形から入りたがりーズのわたしたちの手によって着々とキャンプグッズが増えてきています。
え?キャンプ?まだ一回しか行ってねぇけど。

そんなわけで、ネットで見たり実店舗に行ったりしながらいろいろなものを見ているのですが、その一環としてスポーツオーソリティに出向いた次第です。

そもそも、キャンプに全然興味が無かったのですが、情熱大陸で見たゼインアーツというところのLOLOというテントに一目ぼれしまして。
このテントだったらキャンプ始めてみたいかも!というところから始まったのですが、そんな人気商品のロロはおいそれと買えないわけです。
7月に発売なのですが、それに先駆けて展示会的な催しが昭島で開催されるというわけで初心者がノコノコと出向いてみたら、ロロを見るための行列がディズニーランドのそれでして。
小一時間並んで実際見てみて、欲しい方は抽選に並んでくださいってことで、抽選に応募しまして、抽選結果発表の月曜日にワクワクしていたわけですが、たぶん当選確率って余裕で1%を切っていると思われ、当たるわけがねぇって話です。

そんなわけでわたしたち夫婦の元へ当選メールが来ることも無く、7月の発売を待ったところで買える気がしない、という「欲しいのに買えない」というおあずけ状態から俄然キャンプ熱が沸々と上がってきた感じで今に至ります。

もともとロロが買えたらキャンプでも始めてみるかぁ、というくらいの高楊枝状態だったはずが、のめり込んでいる不思議。

そしてスポーツオーソリティに出向いたもののこれと言って買うべきキャンプギアは無かったのですが、この大きなバッグがセールで65円という破格で売られておりまして2枚購入しました。

寝袋とか簡易ベッドとかなにかと大きいものが多いので、このサイズのバッグだとまとめてガッと入れられるので重宝です。
イケアのショッピングバッグみたいなレジャーシートっぽい質感ですが、目が詰まっている感じで丈夫そうです。

白と赤だけのシンプルなグッドデザイン。
裏側は真っ白。

とにかくたくさん入るので、コストコとかの買い出しにも使えそうだわね。

それにしても持ち運ぶ荷物が増えると、車に入りきるかという問題も出てくるので、最終的に買うべきキャンプギアは三菱のデリカということになりそうで、キャンプ、マジ、オソロシスです。

キャンピングカーに手を出す可能性も無きにしも非ず、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「バンカーズボックス」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村