bookmark_border丸善のチーかま

今日のこの1品。
丸善のチーかまです。

チーかまと言っていいのは丸善だけっぽいですね。
チーズかまぼこを知った時点からすでにチーかまと呼ばれていた気がするのですが、丸善のチーかまではないものでも、この手のチーズかまぼこは一緒くたにチーかまと呼ばれていた気がします。
それがいつの間にか登録商標のチーかま®というマルアールマークがついておりました。

https://mrz.co.jp/product_category/chee-kama/

どちらにしても美味しいことに変わりは無いチーかまですが、小腹が空いたときに非常にちょうど良いです。
チーかまを買う頻度としましては年に数回であり、主にコンビニに行った際に目に入って買うというパターンが9割なのですが、たぶんこのくらいの頻度がちょうど良い気がしています。
やりすぎ都市伝説くらいの頻度。
次の放送を見る頃には前回なんの都市伝説をやっていたのか覚えていない程度の頻度。
前回のこととか忘れて、見るたびに「へぇ~」と新鮮に驚ける程度の頻度。

もっと頻繁だと飽きてしばらく買わなくなりそうなのですが、たまにポツッポツッとしたタイミングで買うとチーかま美味しい熱が下がらず、また次の機会に美味しく頂ける、という寸法です。
たまに食べ過ぎて飽きる食べ物があり、せっかく美味しいのに「食べ過ぎて飽きたシリーズ」というのにカテゴライズされてしまうと、なかなか次の機会に繋がりにくくなり、少々勿体ないなと思うんですよね。

先日はお好み焼きともんじゃ焼きを食べ過ぎて
「…もうしばらくお好み焼きともんじゃ焼き食べたくない、ウェップ」
という状態になりました。
たまたま行こうと思っていたお好みもんじゃ屋さんが満席だったため、プランBのお好みもんじゃ屋さんに行ったら、たまたまそちらのお店が食べ放題のお店だったんですよね。
そいで、食べ放題というのは不思議なことに腹七分目で終わることが出来ずに食べ過ぎてしまうものでして、御多分に洩れず食べなきゃ損的な思考回路になり、食べ過ぎたという単純な話です。

もうさ、中高生とかならともかく、四十路で、しかもふだんは粗食気味の夫婦が食べ放題とか行っちゃダメよね、と思いました。
まだ人数が多ければ品数が多くても一人当たりの量が少なくなるのでいろいろなものが食べられていいかもしれませんが、どれを食べてもソース味というのも相まって、なかなかヘビィでした。
箸休めとして注文したきゅうりの浅漬けにかなり救われたと言えるでしょう。

そんなわけで、食べ過ぎるとろくなことはないわな、というのを身をもって知りましたので、チーかまとは節度を持って距離を保って行きたいと思います。

昔はこの赤いテープが付いていなくて留め金の部分を咥えてネジネジして開けていた記憶がありますが、この赤いテープのおかげで容易に食べられるようになり地味にありがたいです。
ちなみにこの赤いテープはキズ隠しテープ的な意味合いで考えてよろしいんでしょうか。
一見、この赤いテープを引くとそのままくるりと剥けるような気がしてしまいますが、そうはならないってことで合ってますよね?
赤いテープを剥がすと透明のパッケージにチョイと爪痕のような横一文字のキズのようなものが現れて、そのキズを開くようにチーかまを反らせてパキッと開ける、という開け方をしているのですが、これで合ってるのかな?とちょっと思いながら食べている感じもあります。

たぶん合っている、もしくは私が毎回ハズレを引いている、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「シュレッダー」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_borderFellowesのミニバンカーズボックス

今日のこの1品。
Fellowesのミニバンカーズボックスです。

レギュラーサイズが小さくなっただけで、ミニチュア的可愛さが出てきて良いなぁと思うのですが、これもその類かもしれません。
ミニチュアとまではいかないサイズですけど、レギュラーサイズのバンカーズボックスからしたら赤ちゃん的なサイズとなっておりまして、その大きさと言いますとこのくらい。

見てよこのお誂えサイズ。
トランプが横にちょうど良く入るサイズです。
それってつまりどのくらいなの?という話ですが、17㎝×10.5㎝×7.5㎝らしいです。
それってつまりどのくらいなの?というとこれくらい↓

百聞は一見に如かずとはよく言ったもので、センチで言われるよりも手乗りサイズを見せてくれた方が一発で分かりますね。
でも、この人の手が女性なのか男性なのか、はたまた芦田愛菜ちゃんの手なのか曙の手なのか、それ次第でだいぶ印象が変わりそうなので、一見したところで何とも言えんかもですね。
とりあえず、モデルの方の手は曙ではなさそうです。

関係ないけど、洋服をオンラインで購入する場合、着用写真があるかなしかでだいぶ売り上げを左右しそうですよね。
たまにインポートの服とかでめっちゃ可愛い、と思うものがオンラインで見つけたりするのですが、着用写真が無い場合も多々あって、そうなってくるとイチかバチか過ぎて買えません。
あとは写真ついてるのに、自分の中の固定概念があり過ぎて勝手にダマされることもございます。
先日はトングを購入したのですが、トングと言えばこの大きさ、という勝手な思い込みがあり過ぎて、届いたときに
「小っちゃっっっっっ!」
となりました。
コンパクトさが売りだったと思うのですが、よく見ないといけませんね。

そんなわけで、トランプが見事に収納できるこちらのミニバンカーズボックスは夫が3つくらい持っているのですが、必要な物を入れるためにひとつ空の状態にしてある、というので、
「でしたらばこちらご覧ください。トランプがお誂えサイズでありまして、トランプの収納のためにあると言っても過言ではございません」
的なピッタリ具合をアピールしましたが、却下されましたため、トランプは通常サイズの高さを半分にしたタイプの743というシリーズのバンカーズボックスに入れてあります。

だいたいがベーシックサイズが小さくなったという雰囲気なのですが、こちらのミニバンカーズボックスは手書き風イラストになってまして、それがいいのかどうかと言われるとわたしは首をかしげる派です。

白以外のミニバンカーズボックスは手書き風ではないのに、なぜボディが白の一番好まれるであろうこのタイプだけ手書き風イラストになっており、そこは譲れないなにかがあるのかもしれませんね。

手書き風じゃない方がもっと売れると思うねんけど、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「チーかま」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村




bookmark_border建仁寺の御朱印帳

今日のこの1品。
建仁寺の御朱印帳です。

風神雷神。
リアルな風神雷神よりも、風神だったら「風邪ひいてまんねん」の風邪薬の改源が思い起こされ、雷神と言えばもちのろんで高木ブーさんでございます。
あとはゴロピカドンとかね。
ゴロピカドンっていうサンリオのキャラクターがいるのですが、三人の鬼のこどもみたいなキャラクターでして、ゴロピカドンという名前以外に何も知らなかったのですが、サンリオのホームページによりますと、それぞれの名前がゴロとピカとドンのようです。

知らんかったよ~。
かみなり歴53年14月25日生まれの8歳ということも知らなかったよ~。

それはさておき、風神雷神の御朱印帳は京都の建仁寺というお寺で購入したもので、建仁寺にはかの有名な風神雷神図屏風があるのでございます。
それがそのまま御朱印帳になっておりまして、ケースから出すとこのようなビジュアル。

風神雷神図屏風の風神さまがいらっしゃいます。

中を見てみますと、建仁寺の御朱印を平成27年に頂いておりまして、そこから8年かけた令和4年の今年に御朱印帳の半分の御朱印が集まりまして、次回からは裏側の雷神さまがいらっしゃる方の後半戦がスタートいたします。

毎回毎回持ち歩いているわけではないので、1冊分になるまでまだまだ時間がかかりそうですね。
折り返し地点を過ぎてからも往路と同じ時間がかかると考えると、復路を走り終えて御朱印帳全部が埋まるゴールで言うと、令和12年ということになりそうです。
つーことは、2030年かぁ。
2030年で50歳を迎えますので、50歳の記念に御朱印帳が埋まるというのはなかなか良く出来たお話と言えるかもしれない。

もともと友達と女3人で京都に行った際に友達が御朱印集めをしていて、それに倣ってわたしも御朱印帳始めよっと!と思い立ち、たまたま立ち寄った建仁寺で御朱印帳を買ったのですが、結果的にこの御朱印帳で良かったなぁと思います。
だいたい表紙に「御朱印帳」と書いてあるタイプとかが多いので、風神雷神図屛風という唯一無二な表紙のデザインがソーグッド。
背景がキンキラなのもビックリマン世代としてはレアなキラシールっぽくてうれしくなります。

風神雷神図屏風デートという井上涼さんの作品のYouTubeも癖になりますので、よろしければごらんください、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「ミニフェローズ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_borderIL BISONTEの本型収納

今日のこの1品。
IL BISONTEの本型収納です。

この箱の中に大事なものを収納しています。
大事なもの、と言ってもひとそれぞれかと思いますので、何とも言えませんが、わたしの姪っ子で言えば、数年前の彼女の大事なものはダンゴムシでありましたので、缶カラの中にダンゴムシがうぇ~といたようです。

うっかり知らずに開けようものなら、ヒィッッ!という事態になりそうです。
ホントに驚くと息を飲み込んでしまい、意外と声が出ないような気もしますが、我が夫は
「うわぁぁぁぁぁぁぁッ!」
というドッキリのお手本のような驚き方をしてくれます。
ドライヤー中に気を抜きまくって目を瞑っているので、こっそりわたしが顔面に近づいていることに気が付かず、ハッと目を開けた瞬間にわたしの顔が至近距離にあり、驚くというのが基本の流れ。
あまりにも驚くので面白くなって忘れたころにまたやるのですが、懲りずにあたりを警戒せずに気を抜いて目を瞑っているので、デジャブかと思うくらいの驚き方をします。
先日はわたしとしては驚かすつもりなど毛頭無かったのですが、ドライヤー中の夫の前をただわたしがふつうに通り過ぎるタイミングで目を開けて
「うわぁぁぁぁぁぁぁッ!」
と言ってきたので、こちらのほうが肝を冷やしたぜ。
ふつうに鏡に向かってドライヤーしてくれていればいいものを、わざわざ後ろを向きながらドライヤーしているもんで、そりゃ廊下は通りますよ、って話です。

そんなわけで、ダンゴムシならぬなんとなく大事なものが入っているこちらの箱。

改めて見てみますと、いうほど大事なものが入っている感じでもないですね。
パスポートくらいかしら?
つーか、今となってはもうパスポートも期限切れてるしね。
黄色の袋は何が入っていたんだっけ?と思って見てみたら外国の貨幣が入っていたり、外国のメダルのようなものが入っていたりで、なんのこっちゃよく分からないものがガチャっと入っていました。
ダンゴムシと同等な気もする。

そんなこの箱は、立てておくと一瞬本に見えますよね、ということで本棚にそれとなく置いておくと泥棒が来ても気づくまい、ということだと思うのですが、本棚に置いていないのであんまり意味が無いかもしれません。

こういう感じで立てて収納できる感じです。
でもカモフラージュ出来そうなこの手の本を持っていないので、明らかに本棚に並べたときに異質感が出てしまい、たとえ本棚に置いたとてすぐ気づかれそうです。

自分が脱税していて大量の現金が家にある、と想像すると、どこだったら見つからないかしらん?と考えますが、実際にマルサが来たらしどろもどろになってすぐバレそうですよね。
今までの隠し場所の例を見てみると、地中に隠しているのとかも見つけられているので、盲点となる場所はもう無くてマルサに目を付けられた時点で白旗なんでしょうか。
もし盲点があるとすれば、お札のサイズよりも小さいところは怪しまれにくいかなぁと想像したりしております。

そこでチマチマ仕事好きなわたしが考えた案としましては、万札一枚一枚を小さく折ってオセロの石の中に入れたり、細ーく折った万札に布を巻いて犬のリードを装ったり、細ーく巻いた万札をストローの中に収納する、という方法。
一億とか隠すのは骨が折れるけど、100万円くらいだったらなんとかなりそうです。

わりぃことするみたいで、オラわくわくすっぞ!なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「御朱印帳」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村


bookmark_border廣記商行の味覇

今日のこの1品。
廣記商行の味覇です。

ウェイパァー。
これさえあればなんだって美味しくなるので、ウェイパァー様様です。

我が家でウェイパァーが投入されるのは、野菜炒め、豚キムチ、チャーハン、中華スープ、クッパなどなどが定番なのですが、冬になればウェイパァーとキムチと味噌とか入れれば美味しい鍋になりますし、適当な野菜を煮てウェイパァーで味付けして素麺を茹でれば煮麺になりますし、ほんと万能で大助かりでございます。
料理ってやらなくて済むならやりたくないレベルなんですが、ウェイパァーがあることで料理へのハードルが若干下がっている感じもあり、そういったやる気スイッチ的な意味合いでも大助かりです。

そのほかのメニューでも
「なんかちょっとコク的なものが足りないわね」
と思うときはウェイパァーをちょちょいと足しておけば、アラ不思議、味に奥行が出て美味しいじゃありませんか。
味噌をちょっと入れるとコクが出る的な使い方でウェイパァーも使える感じです。

しかもそれだけでなくて、意外や意外、カレーとかおでんとも合うということでホームページに載っておりましたよ。

カレーやおでんこそまだやってみたことは無いですが、まぁダシだし、うまいに決まってらぁ!
だれか分からないおじさんが、ウェイパァー、ニイハオ言いながら
「味の王様」
と言うてるだけあります。

このウェイパァーおじさんは一体…と思ったら現在の取締役会長のお父様のようです。
鮑という名字でバオさんと読むっぽいのですが、あわびという漢字の名前のバオさんが創業者というだけで美味しそうな感じがしますね。

ウェイパァーも年買いで購入しているのですが、我が家では500g入りのサイズを買っています。
500g入りサイズだとそのままお玉が入るので楽なんですよね。
250gだと直径が小さいのでお玉が入らないし、1㎏は大きすぎるし、500gがジャスト。
いつもは開封すると冷蔵庫で保存しているので、使う時は冷えてて固い状態で、お玉でガリガリとこそいで使うのですが、そもそもはフタに書いてあります通り
「風味を生かした半ネリタイプ」
であるので、冷蔵保存していた1缶を使い終わって、常温保存していた新しい缶を開けて使おうとしたらあまりにソフトな半ネリ具合にびっくりしてしまいました。
たまたまスプーンで掬っていたので良かったけどいつもの力でお玉でイってたら一気にウェイパァー半分くらい持ち上げてしまうところでした。
あのままイってたら、ランチの酸辣湯クッパの酸味と塩味のバランスが確実にトチ狂ってました。

我が家は朝ごはんはコーヒー&ミックスナッツであり、三度三度ご飯の支度が大変よぉ!と言うには及ばずですが、それなりに毎回メニュー考えるのは大変ですよね。

今日の夕飯はカレーの予定なので、明日の昼夜もカレーでイケるはず。
早速ウェイパァーを入れて作ってみようかと思います。

カレーの最後はカレーうどんで〆る、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「大事なもの入れ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村


bookmark_borderMASTRI CARTAI EDITORI社の猫トランプ

今日のこの1品。
MASTRI CARTAI EDITORI社の猫トランプです。

アイライクキャット。
わたしは猫が好きです。

猫には目が無いのですが、それは生き物の猫のことであり、猫モチーフの雑貨とかそういったものはあまり好まない、という前置きがあったうえで、猫モチーフものとして非常に可愛いトランプです。

だって、トランプ全部に猫がついているんですもの。

あーほら、可愛い。
ジャックとクイーンとキングの絵柄トランプもそれぞれ違うデザインの猫が描かれており、数字のカードにもひょっこり猫がたくさんいて抜かりない感じが好きです。
ちなみに数字のカードは奇数には1匹の猫、偶数には2匹の猫がいるという法則みたいです。

どこかの催事的な感じでやっていた世界のトランプ展みたいなもので購入した記憶なのですが、猫デザインもさることながら、箱のデザインも秀逸なんです。

まず箱の裏が封筒みたいなデザインになっていて、ハイ可愛い~。
そしてこのフタを開けるとこれダァ!

ウィーン、カシャ。
ウィーン、カシャ。
ババーン!
というトランスフォーム感がある広がり方をします。

コレが意外と便利で、トランプって箱にパンパンに入っているので、フタの差込口のところにトランプが引っかかりやすくて、取り出しにくかったり、しまうときも引っかかってフタがすぐに閉まらないぃぃぃ、キィィィィィィ!となったりしがちなのですが、これだけパカァッと開くとそのイライラからも解放されてしまいやすい。

素材はいわゆる普通の紙のトランプなので、スピードで白熱しすぎるとカード曲がるリスクはありますが、まぁ普通に使っている分には問題なし。
ふたりだとスピードが面白くて、3人以上だと大貧民とか七並べが面白いかなと思います。
「だれだよ、8持ってるやつ~」
とかやりたいよね。

このトランプ以外にも、なんだかんだで我が家には合計8個のトランプがありまして、にゃんこトランプ以外はこちら。

7分の5はネパールのトランプ。
さらにネパールトランプの5分の3はカーマスートラという春画みたいなエロトランプ。
そして、ネパール以外に中国のトランプがありまして、それはチャイナエアラインに搭乗した際に荷物入れからポタポタと水が垂れてくるというトラブルに見舞われた際に頂いた、ごめんなさいね、のトランプ。

トラブルに見舞われたのは同乗していた友達なので、わたしはただトランプ貰っただけの人、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「中華だし」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村



bookmark_border株式会社トンボ鉛筆のMONO

今日のこの1品。
株式会社トンボ鉛筆のMONOです。

とんぼのめがねはみずいろめがね あーおいおそらをとんだからー とーんだからー
と同じくらい認知されているであろう、MONO消しゴムの青白黒のカラーリング。
実は国内第一号の色商標として登録されているようですよ。
たしかに、いつしかこのカラーリング=MONOとして脳内にインプットされて幾星霜、消しゴムと言えば青白黒のイメージがバッチリとこびりついています。
MONOの始まりが鉛筆だったと聞いても、にわかには信じられないくらいにMONO=消しゴムのイメージですが、当初鉛筆のおまけとして消しゴムが付いていたらしいです。
それが良く消えると評判になり、消しゴム単体で売ることになったという背景があるようですが、消しゴム発売当時の1969年からすでにこのカラーリングで現在とほぼ同じデザインとなっていて、この消しゴムデザインした人すっげぇなぁという率直な感想です。

https://www.tombow.com/brands/mono/

ちなみにトンボなのにアルファベットにするとtombowになっており、それだと
「トンボゥ」じゃね?と思いますが、どうやらお墓を意味する英語tombと間違われないようにお尻にWをつけたらしいです。
そして、以前はトンボマークが頭が下を向いており、その意味は
「お客様に頭を下げて感謝を忘れない気持ち」
を表したものだったそうですが、今のトンボは頭が上を向いておる。
ややや。
これはどういった変化かというと、創業100周年を機に
「さらなる発展を」
というチャレンジ精神を表したものということです。

たしかにねぇ。
お客様は神様です、という時代ではないというか、時代とか関係なしにそもそもお客様は神様ではないわけで、持ちつ持たれつな気がしますね。
お客の立場からしたら、
「漢字検定の勉強していたんですけどね?シャープの上についている消しゴムでまあ事足りるし、それでいっかと思って消しゴム使って無かったんですよ。ところが夫がMONOの消しゴム差し出してくれて、使ってみたら消しやすいうえに消しカスは減るということを実感しまして、MONO消しゴムってやっぱスゴイと思いました。と言いますか、実力とともにデザインめっちゃ好きです。」
みたいなことだったので、こちらこそありがとうと頭を垂れたい次第だったわけです。

しかもMONOのデザイン年表的に言うと、今販売しているMONO消しゴムは上向きトンボデザインに変わっており、そのデザインに変わったのが2013年ということなので、我が家にあるこのTOMBO▼▼みたいなデザインの消しゴムって少なくとも購入して10年は経っていると思うんですけど、それでも劣化とか無いのね!って言う。

そしてそもそも大人になると字を書く機会も減るからおのずと消しゴムを使う機会も減るわけで、それを考えると60円のMONO消しゴムで一生分持ちますよね、と思ったら、それ60円でいいんすか?!みたいな気にもなってきます。
子どもや学生さんフレンドリーな価格でありがたいんですけどね。
MONOシリーズはいろんなデザイン賞を受賞していますが、MONO消しゴムにおいてはグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しておりますゆえ、つーか何らかの賞を受賞していなかったとしても個人的にはとても好きなデザインで素晴らしい商品だナァという思いがありますので
「いやいや、ここはわたしに払わさせてくださいよ」
の感覚があります。

ただの缶ジュースをごろっぴゃくえんで出す飲食店にお金を払うなら、わたしはMONO消しゴムに投げ銭したい、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「トランプ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村



bookmark_borderHermèsの箱再利用の手紙入れ

今日のこの1品。
Hermèsの箱再利用の手紙入れです。

えるめす、って打ったらHermèsが出てきてくれたよ。
あったまいいね!
シャネルもCHANELで出るし、カルティエもCartierで出るね。

むかーし実家にあったワープロは、予測変換という機能が微塵も無い時代のものだったので、漢字を出すのに一苦労だった覚えがあります。
それから思えば便利な世の中になったもんです。
わたしのケータイのピの予測変換はピザ、ピアス、ピタゴラスイッチ。
ピタゴラスイッチは先日、電線に止まっている鳩はどうしてみんな同じ向きを剥いているの?というのをやっていて、
「わたしもそれ気になってた!」
と思って見ていたら、鳩は風が吹いている方向を向くのでみんな揃ってるらしいです。
なぜ風が吹く方向を向くかというと、反対から風が吹くと羽が逆立っちゃうという単純な理由っぽいです。
実験で鳩のお尻側から扇風機を当てたらしっかり向きを変えていてちょっと笑いました。

それはさておき、Hermèsさんのオレンジのあの箱。
これは以前に友達からポーチを貰ったことがあり、それが入っていた箱でございます。
マチが無いタイプのポーチだったので箱も薄くて正方形で可愛いのん。
この高級オレンジ箱を使わない手はない、ということで、お手紙入れにしました。

結婚の時にいとこから貰った映えるハガキを上に持ってくる手法。
暑中お見舞い申し上げます、は甥っ子が国語の授業で書いたらしく、送り先として叔母が選定されました。
なんとなく遠方に住むジジババに送ったりしそうなもんですが、わたしの兄夫婦もわたしたち同様に同じ中学の同級生同士で結婚しているため、両方のジジババともども同じ市内在住であり、ウチの両親に至っては実家の敷地内に兄夫婦が家を建てて住んでいて毎日のように顔を見合わせているので、そんなジジババに暑中見舞い送ってもなぁ、という感じでしょうか。
言うてもオバちゃんも同じ市内在住なんですけどね、うれしゅうございます。
ラインでファッと瞬時にメッセージを送れてしまいますが、そのなかで手書きの手紙がくるとほっこりして嬉しいです。

だいたい手紙の類が届くのは、ほぼほぼ年賀状ですが、年賀状はまた別に置いてあるので、この箱の中はたまに友達が送ってくれたり、行きつけのお店から届くDMでちょっとステキなやつとかそういったものが少し入っています。

人の顔を認識するのは苦手な方ですが、人の字は記憶に残りやすいので、誰かの書いた文字と名前で神経衰弱が出来そうです。
わたしは小沢健二さんが好きなのですが、オザケンが書く文字も好き。
がっつりと丁寧に書こうとしている文字というよりかはノートに書いてある文字みたいなサラサラッと書いた感じの文字が好きです。
男性が書く字が自分好みの字だったりすると、それだけで好きになるパーセンテージが上がる感じがあるます。
たぶんわたしは字フェチなんじゃないかな。
「わたしは字フェチです」
と文字に起こさずに公言したら、痔フェチと間違われる可能性も無きにしも非ずですね。
これぞ、という字フェチセンサーがビンビンに反応する方に自分の名前かいてもらいたいです。

土屋太鳳さんの文字は非常にフォント的です、なこの1品
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「消しゴム」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村


bookmark_border修善寺の楊枝入れ

今日のこの1品。
修善寺の楊枝入れです。

楊枝って何かと必要な時が多くて、メイクポーチなどに入れておくと助かることがあります。
メイクポーチ自体を持ち歩くかどうか、という話もありますので、メイクポーチを持ち歩かないと一心同体の楊枝入れも持っていないことになるので、意味なし芳一です。

耳なし芳一って、とんでもなく恐ろしい話としてトラウマ案件な気がするのですが、あれは怪談話なのですね。
どうりで、お経を体中に書くということですらホラーなのに、そのうえお経を書き忘れた耳をちょん切られる話なんて子供が聞くもんじゃない気がします。
そのおかげで「意味なし」という言葉を聞くと「耳なし」に変換されて、意味なし芳一と言いたくなる病にかかっています。

同じく、細腕と聞くとなぜか「細腕繁盛記」と呟きたくなる病にもかかっておりまして、夫が
「おれ、細腕だからデカイ時計が似合わないんだよなぁ」
と言っていた際に
「細腕繁盛記だからね」
と返したら
「その細腕繁盛記って、よく言ってるけどなんなん?」
といわれてハタと我に返りました。
そう言えばなんなのかしらん?と思って調べてみたら1970年のドラマだったようで、まったくもって生まれる前の話なのに、なぜ細腕と聞くと「繁盛記」と言いたくなるのか謎です。

それはさておき、そんな細腕繁盛記の夫はすきっ歯でして、しょっちゅう歯にモノが挟まっているという楊枝が必須な口内環境を持ち合わせており、わたしがこの楊枝入れを持ち歩いていたことにより、奥歯に物が挟まったような物言いをしないで済んでいると思います。

歯に挟まる食べ物ランキングで言うとわたしはトウモロコシが不動のトップかと思うのですが、意外と大葉とかもあなどれません。
トウモロコシはわりと家で食べることが多くて、外食でトウモロコシにかぶりつくことが無いのでまぁそんな大事故にならずとも済みますが、たまに自分は全く違和感がないのに、ニコッと笑った歯にあってはならないものがある場合もあるので、食後の要チェックが必要です。

今から10年近く前に修善寺に旅行に行った時に近くのお土産屋さんで購入した楊枝入れなのですが、和紙が擦り切れてだいぶ使用感が出てきました。
楊枝はあえて自分で購入するほどではないので、ご飯を食べにいって楊枝があったら1本貰ったり、コンビニの割りばしの中に入っている楊枝とか、気が付いたら入れるようなサイクルになっていて、なんとなく足りなくなることがないままずっと使い続けています。

横から見るとなんてことは無いですが、上から見ると集合体恐怖症の方には少々酷な感じになっています。

集合体恐怖症ってトライポフォビアというらしく、蓮の実とかいちごの粒粒とかそういう粒粒というかブツブツなものを見ると恐怖を覚えるようなのですが、なんかちょっと分かる気がする。
わたしは蟹に付いているカニビルという黒いブツブツと、犬の耳にびっしりついたマダニの写真だけはちょっとヘビィです。

自身に出来た蕁麻疹を見るのは好き、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「手紙入れ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村



bookmark_borderグランパレのナポレオンノート

今日のこの1品。
グランパレのナポレオンノートです。

余の辞書に不可能の文字はない、言うてね。
さすがナポレオン~、という気もしますが、実は誰の辞書にも不可能の文字はないということも出来そうな気がします。
たぶんね、実行力、行動力、肯定力みたいな話よね。
ティモンディ高岸さんの「やれば出来る!」と同義語みたいなイメージを持っています。

そんなナポレオン先生の後押しを受けまして、わたしの辞書には無かったであろう貯金という所業を出来続けております。
家を建てる、という話が出てきた時にさっぱり貯金が無かったので、貯金癖をつけるべく始めた資産ノートなのですが、振り返ってみますと2015年の4月から始めて毎月記しているので、書き始めてから早7年が経過したようです。

ナポレオンの後押しを受けたのは2020年4月からでありまして、2015年4月~2020年3月まで使っていたのはナポレオンじゃなく、モナ・リザ。
ナポレオンの後押しを受けているのは2020年4月~現在なので、モナ・リザの微笑に後押しされたというほうが正しいかもしれません。
どうでもいいですよ。
モナ・リザがあることで、ルーブル美術館で購入したような気がしていたのですが、裏表紙にグランパレと書いてありまして、じゃあグランパレで買ったのかなぁという程度の記憶。モナ・リザの背表紙にはグランパレとルーブルというダブルネームになっていますね。

2011年に行ったパリへの新婚旅行のばらまきお土産用に買ったノートで余ったものを使っているのですが、あと2冊のデッドストックモナ・リザが控えております。
今のナポレオンノートが2025年の3月までの予定なので、デッドストックモナ・リザを入れると2035年の我が家の資産ノートは確保できていますね。

以前ご紹介したサンビーのクイックスタンパーで毎月せっせと勘定科目を押して、せっせと我が家の資産を書きこんで、先月と比べた増減をチェックして終わり。

今のナポレオンノートを使い始めた2020年4月の時点で、2025年3月までの日付を先に記してしまうのですが、2025年って書きながら
「ずいぶん先だナァ」
と思っていたものの、気が付けばあと2年半もすれば2025年なので、ナポレオンノートを使い終わるまでもあっちゅう間でしょうね。
えぇ?じゃあ2035年もあっちゅう間ということぉ?!
そうすっと2055年までの夫のローンの支払いもあっちゅう間ってことぉ?!

実際問題、ローンの繰り上げ返済をしたら2055年までかからないので幾分短縮は出来そうですが、夫は死んだらチャラになるローンの繰り上げ返済を1ミリも考えていないそうで、その分投資したほうがよっぽど良い、という考え方なので、ローンの返済はあっちゅう間ではなさそうです。

思えば遠くにきたもんだ、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「楊枝入れ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_border今村紙工の水切りネット

今日のこの1品。
今村紙工の水切りネットです。

キッチンシンク、お風呂の排水溝、洗濯機の排水フィルター、以上3カ所に使う水切りネット。
なるべくなら見なかったことにしたい場所と言っても過言ではないですが、見なかったことにし続けるとロクなことはないと今までの人生で学びましたもので、週に一回ペースで排水溝関連を掃除しています。

出来るならばやりたくない排水溝掃除ですが、この水切りネットがあるだけでずいぶんと掃除への負荷が軽くなる感じがあり、ここ数年ずっと使っています。

わたしは年に一回日用品をまとめて買う「年買い」という買い物方法を推しているんですが、こちらも年に1回の年買い発注時に一箱注文しています。
年買いに関してはkindleでこちらの本を出しておりますので、よろしければご一読くださいませませ。

掃除の頻度としては、キッチンシンクとお風呂は週一回、洗濯機は月一回という感じなので、そのサイクルでちゃんと掃除したら水切りネット100枚じゃ足りなくね?と思いますが、たまにサボって掃除が2週間に1回になったりするので大丈夫。
最近は髪を切ってベリーショートになったので、お風呂の排水溝は髪が溜まりにくくなっていると思われますので、週1のサイクルが乱れがち。
ベリーショートになったわたしは、夫から
水前寺清子
スクール革命の腹話術のキャラ
ガキ使に出てるおばちゃん
の3名に似てると言われています。

そんなわたしは、この水切りネットをココデカウというサイトで購入していまして、店舗で見たことが無いのですが、余計な情報が無いこのシンプルなパッケージも可愛いなと思います。
結局わたしは箱から出して収納してしまうんですけどね。

中身はこんな感じ。

こちらもシンプルでとりたてて特徴となるようなものはありませんが、浅型とは言うものの、ストッキング状で伸びが良いので使いやすくて、たくさん入っていてお値段お手頃なのが嬉しいです。

これをくるりんぱ、とシンクのゴミ受けにかぶせればこの通り。

わたしは三角コーナーが嫌いなので置いておらず、キッチンシンクのゴミ受けはここのみ。
野菜の皮とかヘタとかもろもろ大きいゴミは要らない紙で折ったゴミ箱に入れて、茶葉はティーパックに入れてから淹れてそのままポイしてしまうので、意外とここのゴミ受けにやってくるゴミは少なめかなと思います。
実際はこの上にさらにフタ的なものが付くので、直に生ごみを見ることは無いのですが、あえてフタをしないでゴミがある状態が日々目に入るほうが掃除をこまめにするからいい説もありますよね。

そしたら毎日掃除するかな?…否!なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「ナポレオンノート」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_borderTRAINARTのヘッドマークマスキングテープ

今日のこの1品。
TRAINARTのヘッドマークマスキングテープです。

先日、マスキングテープマニアの方がテレビに出演されていたのですが、マニアの方は約2万個のマスキングテープをお持ちのようで、目指せ10万個というようなことをおっしゃっていました。
2万個で1千万円くらい使っているというお話だったので、10万個ともなれば…ごせんまんえんっ!
田園調布に家が建つ、ならぬ、マスキングテープで家が建つ。

一方わたしの持っているマスキングテープの数はと言いますと
んとねー
あのねー
じゅういっこ!

無地6個と柄5個。
無地のベージュがいくつかあるのは、主に家の中の木製の引き戸用。
義妹の子供たちが遊びにくると木製の引き戸に爪を立ててガラガラ開けたりするので爪痕がシュッと付く場合があり、それを防止するために引手付近に夫がベージュのマスキングテープを貼って保護しています。
ベージュとひとことで言ってもいろんなベージュがあるわけで、ちょっと木製引き戸と色が違うんだよなぁを繰り返し3色になりました。
それ以外にも無地のタイプは文字が書けるので、コーヒー豆の容器のガラスキャニスターに産地を書いて貼ったりしています。
貼って剥がせるところがいいよね。
見ている分には柄物も可愛いんですが、無地は無地で実用的で惜しみなく使えて好きなところで切れるので使い勝手良し。

ただ、どのマスキングテープが好きかというと、この電車のヘッドマークのマスキングテープが好きです。

電車に全く詳しくないので、このヘッドマークの電車がどこを走っているのか知りませんが、ヘッドマークが並んだ様がデザインとして可愛いと思って購入しました。

たしか、神田万世橋のマーチエキュートの中のショップで購入したような記憶があるのですが、ショップリストの中にTRAINARTというお店が無かったので、なにものかに記憶をいじられたかもしれません。
ほかにもなんでも忘れやすいので、記憶が定着しないチップを埋め込まれているのかもしれません。
へぇー!と感心したこととか、これイイ!と思ったこととか、少なからず琴線に触れたことも忘れてしまうのは宇宙人の仕業ということにしておきたいです。

さて、TRAINARTと書いてトレニアートと読むこのお店は東京駅近辺に2か所と鉄道博物館と吉祥寺アトレにあるみたいです。

https://www.jreastmall.com/shop/c/c0101_p1_h32/

電車には詳しくないものの、電車グッズってちょっと可愛くて好きなので、トレニアートで売っている他の電車関連マスキングテープも可愛すぎますね。

あのテレビに出ていたマスキングテープマニアの方に教えたいけど、教えるまでもなく2万個もあれば絶対に持っているであろう気がします。
マスキングテープは販売されている種類がとても多いので、トミカのレベルじゃなくハマったら底なし沼の様相を呈していますが、わたしもトレニアートの切手の柄のやつとかmtの鬼太郎のやつとかいくつか気になるのを見つけ始めてしまいました。
コレクションしだすとそれこそ使う用と保存用とかで分け始めそうですし、キリが無さそうですが、あと数個増えるくらいだったら可愛いと愛でられて余白を埋める快感もありそうなので集めようかな。

実際はこのケースの中にセロハンテープと両面テープも入っているのであまり余白はない、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「水切りネット」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_borderトミカのミニクーパー

今日のこの1品。
トミカのミニクーパーです。

わたしゃ知りませんでしたが、トミカって面白いんですね。
甥っ子がトミカにハマっているようで、色々集めているコレクションのお気に入りの一軍を見せてもらいました。
いままで、トミカって、いわゆる働く車的なものしかないのかと思っていたのですが、ふつうに街中を走っている乗用車がいっぱいあるのね。
甥っ子のママが
「大人でも集めている人いるんですよ」
と言っていたのが非常によく分かる。
なんか車が小っちゃいというだけで可愛いし、自分が乗っていた車とかあったら欲しいだろうなぁと思います。
しかも、毎月毎月新作が発売されているという恐ろしき沼状態。

https://www.takaratomy.co.jp/products/tomica/new/2208.htm

勝手に救急車とかパトカーとか消防車とかショベルカーとかそういう類のミニカーが子供ウケするもんだとばかり思っていたら、
「はいえーす」
「でりか」
「ふいっと」
などなど、どこが子供心をくすぐるのかよくわからない車種たちが出てきて、そのギャップにまず驚き、それをひとつひとつ名前を憶えていて、ひとつひとつの違いが分かっていることに驚きを隠せずでした。

子どもの記憶力恐ろしいな、というか可能性しかなくて何物にもなれるって無敵だな、と我が甥を見ながら思っていたのですが、記憶を定着させるのは反復練習なのね、と改めて気づかされました。

甥っ子は2歳なのですが、カタコトの自問自答タイプで
「こえ、なんだっけぇー?」
「あるふぁーどー」
「こえ、なんだっけなぁー?」
「ふいっとー」
「こえ、なんだっけぇー?」
とエンドレスで反復練習しており、言うても色とかで何となく覚えてるんでしょう?と思って、同じ黒のワゴンタイプである、ハイエースとデリカをほぼほぼ手で隠して、ハイエースの前面の顔部分だけ見せて
「これなーんだ?」
と聞いたら
「はいえーすー」
と即答しており、どんな細部まで覚えてんだよ…っと思いました。
めっきり覚えの悪いわたしの代わりに漢字検定受けてくれねぇかな。

一方、机の下にトミカを隠しておいて、パッと一瞬だけ見せてすぐ隠すというタイプの「これなーんだ?」は分かっていなかったので、動体視力とか反射神経的なものは後天的に身に付くのかしらね、と思いました。

子どもは目をそらさずに人の顔をじっくりみているのも隅々まで観察しているのだと思われ、人の顔を判別するのが苦手なわたしは10秒以上マジマジと顔を見せてもらう赤ちゃんスタイルのほうがいいかもしれませんが、気持ち悪がられる度100%だと思うので、人の顔が覚えられない人、と認識される方がいいかもしれません。

そんな記憶力に自信のないわたしは、いま深緑色のミニクーパーに乗っているのですが、その車を購入した時にディーラーでこの赤いオープンカータイプのトミカを頂きました。

どうせだったら深緑が良いなぁという気もしますが、深緑のミニは甥っ子コレクションの中にあり、その車はわたしの名前でインプットされているようで、深緑のミニを持ちながら、ママに
「この車はなんて言うんだっけ?」
と聞かれた甥っ子は、やや恥ずかしそうな小声で
「○○ちゃんのくるまー」
とわたしの名前を答えてくれました。
ハイ、可愛い。
正式には夫の車であるため、わたしの車ではないのですが、ハイ可愛い。

このトミカは甥っ子にあげることにしましょう、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「マスキングテープ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_borderSHIMANOのクーラーボックス

今日のこの1品。
SHIMANOのクーラーボックスです。

シマノさん的な名前としましては、ICE BOXらしいです。
アイスボックスというと、氷菓であるアイスボックスが連想されてしまう世代なので、分かりやすくクーラーボックスにしました。

ハードタイプのクーラーボックスって今までの人生でおそらく使ったことが無いのですが、なんとなくクーラーボックスと言えば釣り、釣りと言えばシマノ、というイメージがあります。
氷がガシャガシャ入っているクーラーボックスに釣った魚を入れて背負って肩掛けして持って帰るイメージ。
釣りなんてしたことないけど、シマノのクーラーボックスはなんだか浮ついてない感じで硬派だし絶対に高性能のハズ、という期待がありました。

ただシマノのクーラーボックスって白いイメージだったので、ちょっとキャンプグッズの中で白って浮くかなぁという思いもあったのですが、このキャンプブームのご時世に合わせてキャンプに浮かないカラーリングのクーラーボックスであるICE BOXが出ておりましたよ。

https://lifestyle.shimano.com/

だいたいキャンプ用品ってカーキ、ベージュ、黒というのが三大カラーだと思うのですが、ほぼその三大カラーを網羅したシリーズのクーラーボックスが出ていました。
もともと何でこのクーラーボックスを知ったのか忘れてしまったのですが、このクーラーボックスに決めたひとつとしてYouTubeの影響があり寄りのありです。

わたしたちはキャンプを始めるにあたっていくつかYouTubeを見ていたのですが、そのなかにヒロさんという方のチャンネルがありまして。
わたしたちは勝手に「ひろ兄」と呼ばせていただいているくらいには動画を見させてもらっている単なる視聴者なのですが、わりとお持ちのものが好みで、洗練されていていい感じなんですよね。

その中の動画で買ってよかったキャンプ道具7選というのがありまして、そこでこのシマノのクーラーボックスを推してらっしゃいまして、ひろ兄もイイって言ってるし、クーラーボックスはシマノ一択でしょう、というわけでこちらのクーラーボックスにしました。
チョロい客です。

フタがどちら側からも開けられて、フタ自体をガバッと取ることも可能。
わたしたちはカーキ系とベージュ系の色味のキャンプグッズが多いのですが、クーラーボックスはベージュにしました。
シマノのこのアイスボックスというネーミングのクーラーボックスはそもそもスペックによって色を変えているのですが、一番性能が良いラインのカーキのクーラーボックスで言うと氷が溶けるのに10日間もかかるというではありませんか。
※条件により保冷力は異なります、ではあるものの、氷が溶けるのに10日間もかかるってすごくね?もはや移動冷凍庫じゃん。
わたしたちのベージュで言うと4,5日間は氷が残るということのようなのですが、とりあえず一泊二日のキャンプにしか行っていないし、充分ですね、というジャッジのもと色とスペックのバランスからベージュにしました。
カーキも捨てがたいんですけどもね、何せお値段が倍以上違いますしね、ひろ兄はチャコールだったんですけれどもね、チャコールは我が家のグッズの色味とちょいと異なりますのでね、結果オーライのベージュ。

実際は物の出し入れのたびにクーラーボックスを開けるので、そうすると溶けるのも早くはなっていくのですが、夏の一泊二日のキャンプで保冷剤ふたつと500㎖の水を凍らせたものを2本入れた状態で何度も開け閉めして使った結果、家に帰って来た時に氷は溶けていたものの、いわゆる冷蔵庫程度の温度は保たれていたので、食べきらなかったウィンナーも生ぬるくなることなく持ち帰ってこれました。

椅子にもなるよ、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「トミカ」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

bookmark_border100均の捺印マット

今日のこの1品。
100均の捺印マットです。

地味な存在ながら、あるのとないのとでは結構違いが出るタイプ。
人間関係にも居そうな存在、それがこの捺印マット。

ハンコを押す機会がありますと、カッタイ机の上ですとキレイに押せませんやん?
そんで、適当に雑誌とかメモ用紙とか持ってきて、カチカチの机の上で押すよりええやろ!みたいな状態で押しますやん?
関東平野生まれ関東平野育ちのくせにエセ関西弁とか使うやつって腹立ちますやん?
でもなんだろね、関西弁のほうがフィットするときがあるじゃん?

そんなわけで、ハンコを押す時のモタモタみたいなやつを防ぐために購入した100均の捺印マット、これがあるとハンコを押す所作がスッと出来てとてもストレスフリーでございます。

なんだかわたしには生活を静穏に過ごしたい願望が強いのか、実家感のあるやりとりとかをなるべく解消したくなるタイプなんですよね。

「ほら、ハンコ!ちょっと持ってきて!」
『自分で使うんだから自分で取りに行きなよ、まったく!』
「ここじゃガタガタで押せねぇがな!新聞、新聞!」
みたいなやつ。
ああいうやりとりをなるべく避けて通りたいので、捺印マットがあればすぐピタッと解決ですし、尚且つハンコと一緒にしまっておけば
「マットどこやったんだよ!」
『知らないよ!自分がこないだ使ったんでしょうが!』
みたいなやりとりを経ずともオッケー。

ちなみに義両親はほぼ毎日こういったやりとりをしているのですが、それが元気の秘訣なんでしょうかね。
自分の親はこういったやりとりをあんまりしていなかったので、二世帯住宅で義両親と住み始めて最初にこういったテンションのやり取りが聞こえてきた時は
「え?めっちゃケンカしてるけど、止めに入った方がいいのかな…」
とマジで心配してドキドキしてしまったのですが、ほぼ毎日のやりとりなのでだいぶ慣れてきました。
先日はキュウリ苗が枯れていることをお互いのせいにしようとしてケンカが勃発しており、やべぇやべぇとさっさと逃げて犬の散歩に歩きだした我々なのでした。
「見たか、お互いに罪の擦り付け合いをした結果がアレだ」
と夫が呟いていて、そういった部分は反面教師にした方がいいのかもしれません。

そうは言っても、急沸騰、急冷タイプの義両親なので、恒例の口喧嘩をした後は2人横に並んでおんなじテレビを見ながら笑ってご飯を食べて居たりして、
「なんでやねん」
と思いますが、この後腐れが無い感じがいいのかもしれませんね。
ケンカするほど仲が良いを地で行っている感じです。

わたしは生活をよりよくするために工夫するのが好きなので、こういった地味だけどいい仕事するものを買うとか、ゴミ袋を購入した時に全部出して折っておく、とかそういう後の効率に繋がるようなチビチビした仕事が好きなのですが、自分にとっての効率の良さに慣れてしまうと弊害もあるような気がします。

ごはんを食べに行ったときなどに、店員さんが非効率な動きをしていたりすると、気になってしゃーない、なこの1品。
今日もこのコに首ったけ。

次回のこの1品は「クーラーボックス」です。
また次回。

skatazke(スカタズケ)暮らしをちょっと豊かに - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村